So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<火災>長屋全焼2人死亡 北海道歌志内(毎日新聞)

 28日午前0時10分ごろ、北海道歌志内市神威、無職、澤渡一久さん(75)方から出火、木造平屋建ての長屋を全焼した。焼け跡から2人の遺体が発見された。北海道警赤歌署は行方が分からなくなっている澤渡さんと妻、トキさん(85)とみて調べている。

 同署によると、長屋は旧炭鉱住宅で、6世帯が入居できるが、澤渡さん夫妻しか住んでいなかった。

 近所の女性の話では、午前0時すぎにメラメラと音がして、外に出てみると大きな炎が上がっていた。火の回りが早く、短時間で燃え落ちた。澤渡さんは目が不自由だったという。

【関連ニュース】
火災:民家全焼 焼け跡から遺体 千葉・四街道
火災:木造2階建ての旅館全焼 けが人なし 熊本県長洲町
火災:住宅2棟全焼 焼け跡から2遺体発見 横浜市瀬谷区
火災:住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮
火災:中学で授業中にボヤ 不審火か 愛知・尾張旭

「清水の舞台」でも放水訓練 文化財防火デー(産経新聞)
公開初日、ニホンザル逃げる=下北半島出身、塀駆け上がり−上野動物園(時事通信)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
鳥取不審死 殺人容疑 逮捕状請求へ 36歳女、週内にも(産経新聞)
生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)

<詐欺容疑>近ツー元社員が7億円 大阪地検が逮捕状(毎日新聞)

 旅行業大手「近畿日本ツーリスト」(東京都)の旅行券積立商品への加入を装い、大阪市内の建設会社から契約金など約7億円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は詐欺容疑で、近ツー元社員、平井伸知容疑者(41)=大阪市=の逮捕状を取った。

 捜査関係者によると、平井容疑者は04年8月〜08年11月、近ツーに勤務。旅行に備えて現金を積み立て、満期時に「サービス額」を上乗せした旅行券を受け取れる商品「旅したく」を巡り、建設会社に、満期時に年3.25%相当のサービス額を含め、すべて現金で払い戻すと虚偽説明。08年12月〜09年1月、10回にわたり計約7億円を自分の金融機関口座に振り込ませ詐取した疑いが持たれている。

 平井容疑者は昨年11月、毎日新聞の取材に、契約書に偽造した印鑑を使用したことなどは認め、「(金の)大半を流用した。経営する旅行企画会社の事業資金などに使ったが、だまし取ったと言われるのは心外だ」と詐欺行為を否定していた。

 昨年2月、架空契約が発覚し、建設会社が大阪地検に告訴。同年9月、平井容疑者に約7億円の返還を求めて大阪地裁に提訴している。【久保聡】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:日中混成グループが暗躍 警官名名乗り
振り込め詐欺:2グループ15人、未遂容疑で逮捕
振り込め詐欺:09年の被害、過去最少 それでも月8億円
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
偽証罪:元歯科医が起訴内容を否認 羽賀研二被告の事件

免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
勢いづく「県外派」=狭まる選択肢−鳩山首相(時事通信)
<書籍恐喝販売容疑>えせ同和の出版社捜索 岡山県警(毎日新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)

加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)

 森田電工(本社・大阪市)の加湿器(ML―550MF)が使用中に発火し、製品全体を焼くなどした事故が2003年以降、4件起きていることが19日、消費者庁の調べで分かった。

 内部基盤の電子部品の不具合が原因と見られることから、同社は、対象約6万台のリコール(無償交換)を実施する。

 消費者庁によると、製品は中国製で、1999〜03年に全国のホームセンターや家電量販店などで販売。09年11月には宮城県内の小学校で、教室に置かれた同製品が燃えるぼやが起きている。

 問い合わせは同社(0120・996・004、土日祝日以外の午前9時〜午後5時)。

「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)
<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)
<名護市長選>24日に投開票 普天間移設に影響(毎日新聞)

現場マンションに指紋 59歳男、近く再逮捕 南青山強殺容疑(産経新聞)

 東京都港区南青山のマンションの一室で昨年11月、住人の飲食店従業員、五十嵐信次(のぶじ)さん=当時(74)=が殺害された事件で、現場マンションから指紋が見つかっていた無職の男(59)=器物損壊罪で起訴=が事件に関与した疑いが強まったとして、警視庁赤坂署捜査本部は19日、強盗殺人容疑で男を近く再逮捕する方針を固めた。

 捜査本部の調べによると、五十嵐さんは昨年11月16日午前11時40分ごろ、自宅の布団の上でうつぶせの状態で死亡しているのが見つかった。首を鋭利な刃物で切られていた。現場には、五十嵐さんの財布や、店の売上金とみられる現金数万円が入った別の財布も残されていたが、物色されたような跡もあった。

 捜査関係者によると、現場マンションの手すりから男の指紋が検出されたほか、事件発覚前日の15日に酷似した男が現場近くの防犯カメラに写っていた。

大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
菅家さん「全然かかわっていません」(産経新聞)
首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)
小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」(スポーツ報知)

自民総裁「説明責任果たしていない」=小沢氏聴取(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長が東京地検特捜部の事情聴取を受けたことについて、野党各党から23日、小沢氏は国会でも説明責任を果たすべきだとの声が相次いだ。
 自民党の谷垣禎一総裁は同夜、都内で記者団に「検察で説明したから、説明責任が果たされたとは思わない。党として証人喚問や参考人招致を含めいろいろな手だてを講じたい」と述べた。小沢氏が幹事長を続投する考えを示したことについては「通常の感覚では理解不能だ」と批判した。
 みんなの党の渡辺喜美代表は「被疑者の聴取ということには驚いた。政治的道義的責任が払しょくされたとは言えないので、国会に来て説明してもらうことが大事だ」と記者団に語った。 

過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)
鮒市 1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島(毎日新聞)
「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも(医療介護CBニュース)

新型インフルで血液製剤回収、昨年64件(医療介護CBニュース)

 日赤によると、献血後に新型インフルエンザの感染の疑いや確定診断による血液製剤の回収が昨年、64件あった。血液製剤の安全性について日赤では、「潜伏期間と思われる献血者の血液中に新型インフルエンザウイルスが存在する可能性は極めて低い」としている。

 日赤の集計によると、新型インフルエンザによる昨年の血液製剤の回収は64件。月別に見ると、8月が2件、9月が1件、10月が7件、11月が21件、12月が33件で、年末にかけて増加している。回収された血液製剤はいずれも「人赤血球濃厚液」で、1件につき1本の回収。使用前に回収されたため健康被害はないという。
 さらに、今年は1月22日現在で血液製剤の回収は6件。このうち1件が「人血小板濃厚液」で、他の5件は「人赤血球濃厚液」だった。

 日赤では、ウイルスが血液中に存在するか否かを確認するための検査を実施し、調査した96本の血液すべてが陰性だったことを、昨年12月10日の厚生労働省の薬事・食品衛生審議会血液事業部会運営委員会に報告している。また、この結果から「潜伏期間と思われる献血者の血液中に新型インフルエンザウイルスが存在する可能性は極めて低く、また、輸血による新型インフルエンザ感染の可能性も極めて低い」としている。


【関連記事】
長妻大臣が献血キャンペーンを視察
新型インフルによる血液製剤の回収が増加
献血後に新型感染判明、日赤が血液製剤を回収
企業の協力で最大58日分の血液確保―日赤推計
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤

バイオ後続品の共同開発で提携交渉―日医工(医療介護CBニュース)
<雑記帳>バレンタインデーに 南部せんべい新商品(毎日新聞)
ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝(読売新聞)
石原知事、外国人参政権「危ない試み。発想おかしい」(産経新聞)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)

<偽札使用容疑>中学生2人逮捕 コピー機で複写 大阪(毎日新聞)

 カラーコピー機で偽造した1万円札を使ったとして、大阪府警寝屋川署は18日、同府寝屋川市内の市立中学生の少年2人(いずれも15歳)を偽造通貨行使の疑いで現行犯逮捕した。いずれも「遊ぶ金がほしかった」と容疑を認め、うち1人が「お札を自宅のコピー機で複写し、表裏を張り合わせて作った」と供述しているという。

 逮捕容疑は同日午前8時40分ごろ、市内の食料品店で、偽造した1万円札1枚を経営者の女性(67)に渡し、サンドイッチ1点(198円)を購入した、としている。同署によると17日午前にも、この2人とみられる少年2人が同じ店で同様の偽札を使って牛乳1本(126円)を購入し、釣り銭を受け取っていた。18日に再度、2人が来店した際に110番通報した。【茶谷亮】

【関連ニュース】
通貨偽造容疑:偽1万円札66枚印刷 男2人再逮捕 愛知
4府県の偽1万円札使用:2被告、偽造容疑で再逮捕−−合同捜査本部 /静岡
強盗:容疑で2少年逮捕 余罪も追及−−飯塚署 /福岡
裁く・裁かれる:ながの裁判員制度 3月8日から、4例目の対象裁判 /長野
4府県の偽1万円札使用:66枚偽造容疑で2被告再逮捕−−愛知県警など

強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害−現場に指紋、カメラに姿・警視庁(時事通信)
当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
「大久保秘書に報告」=虚偽記載、石川議員が供述(時事通信)
外国人参政権反対 自民議連再開(産経新聞)
女性の仕事後の見た目年齢は5歳増し?(医療介護CBニュース)

【十字路】奈良・西大寺の名物行事「大茶盛式」(産経新聞)

 ◇…南都七大寺の一つ、奈良市の西大寺で15日、大茶碗(ちゃわん)で茶を回し飲む名物行事「大茶盛式」の初釜が行われ、参拝者らが豪快な一服を楽しんだ。

 ◇…年3回催される恒例行事。鎌倉時代、寺を中興した叡尊上人が鎮守の八幡宮に献茶したときに、残りの茶を振る舞ったことがルーツと伝えられている。

 ◇…大茶碗は、直径約30センチ、重さ約5キロ。参拝者らは、僧侶がたてた茶の入った大茶碗を隣の人に支えてもらうなどしながら、味わっていた。

雅子さま、震災被災者への思い強く 地方への公式訪問は2年ぶり(産経新聞)
小沢幹事長 「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員(産経新聞)
「火つけるのが楽しそう」=中学生が体育館に放火未遂−宮城県警(時事通信)
<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。